シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2

売約済
年式
1978年
車検
検無し
走行距離
124,000km
車体色
ブルーグレー
排気量
2500cc
車体番号
523
コメント
希少な プレステージ ターボ2
修復歴無整別リ済別
5MT左Hガソリンフル装備キセノン ディスチャージETC装着車ABS(アンチロックブレーキシステム)アルミホイール並行輸入車2WD自動車税別途

印刷ページを表示するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe社HPよりダウンロードしてインストールしてください。Adobe Reader
シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像01 シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像02シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像03シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像04シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像05シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像06シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像07シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像08シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像09シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像10シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像11シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像12シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像13シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像14シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像15シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像16シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像17シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像18シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像19シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像20シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像21シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像22シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像23シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像24シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像25シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像26シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像27シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像28シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像29シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像30シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像31シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像32シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像33シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像34シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像35シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像36シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像37シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像38シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像39シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像40シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像41シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像42シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像43シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像44シトロエン CX 25 プレステージ Turbo2 画像45
【Guide】名車DSの後継車として1974年にデビューしたシトロエンのフラッグシップ・モデル。1985年に大規模な改修を行いつつ、1989年まで製造された。1989年発表のXMが後継車種となる。しかし、ステーションワゴン型はXMブレークが発売される1991年まで製造された。
1975年に、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。 これは、シトロエンにとってGSに続く2度目の受賞であった。
シトロエンは、1976年にフランスの自動車会社プジョーとPSAグループを形成しプラットフォームやエンジンの共通化を進めたため、CXは「純血」シトロエンとしては最後のモデルとなった。
車名のCXは空気抵抗係数を表す記号「Cx」から取られており、その名前の通り、優れた空力性能を有した。シトロエンCXのフランス語での発音を音写すれば「スィトホェン・セェ・イクス」である。
ボディは、ルーフ(屋根)がそのまま車体後端まで滑らかにつながった形状をしており、一見ハッチバックに見えるが、GS同様に独立したトランクを持つセダンであった。 特徴的なリアの凹面ガラスも空気抵抗を減少させるためのデザインとされる。 構造的にはフルモノコックではなく、ロードノイズの低減のため、この時代すでに珍しくなっていたフレーム(ペリメーター型)を持っていた。
内外装ともにシトロエン社内でデザインされ、1974年当時の流体力学を駆使した外装は、GSとともにその後のシトロエンのイメージを定着させるものとなった。
15年間、幾度かの改良を加えられたCXだが、大きく改修を受けた1985年以降の後期型(シリーズ2)とそれ以前の前期型に大別される。
基本的なボディ形状は変わらなかったものの、金属製であった前後バンパーが樹脂製エアロフォルムになり(『80年代輸入車のすべて』三栄書房・56頁参照)、それに伴いフロントフェンダーやリヤタイヤを隠すスパッツの形状、あとフロントグリル、ドアミラーの形状も変更された。
内装は、ダッシュボードやメータークラスター、ドアトリムなど大幅に形状が変更された。また、ボビン式(回転ドラム)であったメーター類も一般的なアナログ式となった。しかし、ウインカーやライト、ワイパー、ホーンのスイッチ類をメータークラスターに集中配置したクラスタースイッチは引き継がれた。
エンジンは、排気量2.0L、2.2L、2.4Lで水冷直列4気筒OHV、2.0Lで直列4気筒SOHCのガソリンエンジンと、排気量2.2L、2.5Lで水冷直列4気筒OHVのディーゼルエンジン。排気量2.5Lのガソリンエンジンと2.5Lのディーゼルエンジンにはターボ仕様も存在し、のちにインタークーラー付きとなった。それらをFF方式で駆動した。
ガソリンエンジンのターボ仕様は上記のとおりインタークーラーなし、とありが存在しており前者はCX25GTIターボ、後者はCX25GTIターボIIと呼称される。特にCX25GTIターボは前期型特有のメッキバンパー仕様のままでエアロパーツも控え目である為、通常のGTIと区別がつきにくいが最高速度220km/hとシトロエンとしては初の200km/hオーバーカーとなりオートルートで速いCXというイメージを作り上げた。
サスペンションは、前輪がダブルウィッシュボーン、後輪がトレーリングアーム、スプリングは前後ともにハイドロニューマチックであった。
1975年には、ステーションワゴン型のブレーク(Break )、同形状で7人乗りのファミリアール(Familiale )、高級仕様のプレステージュ(Prestige )が、1979年にはプレステージュと同形状のリムジン(Limousine )が追加された。4タイプともにホイールベースが延長されていた。
ボディサイズ[編集]
全長4,650mm×全幅1,770mm×全高1,360mm、ホイールベース2,845mm
プレステージュ、リムジンは、全長4,900mm×全幅1,770mm×全高1,375mm、ホイールベース3,095mm
ファミリアール、ブレークは、全長4,950mm×全幅1,770mm×全高1,465mm、ホイールベース3,095mm
<以上ウィキペディアより・・>

【Essay】CXの中でも希少なプレステージュターボ2、じっくり仕上げ完成間近!
エンジンO/H・ウォーターポンプ&サーモスタット交換・エンジンマウント交換・ギャレット製ターボO/H(SHOWA保証付)・セルモーター新品・オルタネーター交換済み・クラッチO/H・Dシャフトブーツ交換・タイヤ新品(210/55R890 専用タイヤ)機関だけで約120万の整備済み。

【Unmot】ご購入ご予約ご希望の方はお問い合わせ下さい。